2014年10月08日

オーダーヘアーコレクション/縮毛矯正で丸みが叶う凄技

image.jpegimage.jpeg
アビルの今週の1枚
今日は内巻きに入る矯正テクニックです。

通常はショートやボブに仕上げた場合、どうしてもボリュームが出ない。前髪が不自然。毛先が内側に収まらない。等の体験話を良く聴きます。

実際ご予約を頂くお客様の髪の履歴を診ても多くの方がその点について不満足な結果を経験されていてアビルのお悩みワードの上位に来るものでもあります。
縮毛矯正をかけられている読者の皆さんも同じような経験されている気がします。
いかがでしょうか?

では何故ストレート過ぎるのか?
読者の皆さんはそんな疑問を抱きませんか

私的にそこに着眼点を起き考えてみた時に、お客様皆さんが疑問を持つ前に、私たちスタイリスト側がそこに疑問を持ち準備することが大事なんです。

先輩の矯正技術をみてそれは無理だと思ったら成長はないですからね。どうすれば内巻きに矯正できるか?
そこに疑問を持って研究する努力がお客様を迎い入れる準備だと考えます。
そこをしっかり考えれる仲間がいるサロンそれがお客様の悩みを解決することに繋がるサロン作りになると考えます。

それでは内巻きに入る縮毛矯正ご覧下さい。店長
posted by masa at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 縮毛矯正

2014年09月18日

AVILEの今週の1枚

image.jpeg
下記掲載写真を見て下さい。

縮毛矯正の写真から伝わる柔らかさと潤い感。

お客様も驚きだったのはその塗る部位に対し薬剤の強さを変えること、アイロンの温度管理、挟む角度の違いです。

お客様は今までどのサロンに行っても良い結果が伴わない中で、今回は大変喜ばれ満足しました!とお話いただきました。

読者の皆さんにはこの縮毛矯正の仕上がりの精度、どのように映りますか?

あなたにも必ず合う薬剤調合が見つかるはずです。 編集部
iPhoneから送信
posted by masa at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 縮毛矯正