2015年06月05日

自宅再現しやすいカットの秘密

DSC_0186.JPG
皆さんこんにちは
アビル店長の末友です。

今日は自宅で手間要らず!
簡単にスタイリングできるカットについてお話します。

今まではブローしたり、スタイリング剤をつけてねじったり、流したり、立たせたり等、皆さん自身が手をかけないという仕上げられない。
そんな感じだったと思います。
でも実際にはそれって皆さん自宅でうまく行きますか?
アビルではそんな相談も多いのですが、
皆さんの前回のカットの切り口を見ますとスキ方にちょっと問題がありなんです!
髪全体のカットの減らし方が同じ質感過ぎるために動きが立体的に出ないんですね
だから家でうまくできなくて苦労する訳です。

分かりやすく言えば土台のない土に直接柱を建てた家と同じです、
それでは地震が来れば倒れてしまいます。
髪の毛も基礎工事ができ安定性を保てば崩れにくい動きができるのです。

カットの技術的問題なのですがただスクのと形を記憶させながらスクのとではまったく仕上がりに違いができる訳です。

おすすめしたいのはひとつの毛束感が単独に円錐形に切り口をつくり、それをドミノの様に正確に重ねて切る技術です。
そうすることで皆さんがとても自宅再現が楽になるんです。

写真はお子様のカットの3Dショートヘアーです!乾かすだけで動きができるのでお出掛けの際なんかは少しwaxを使用すると尚動きが出やすくなります。参考まで
アビル末友店長
posted by masa at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カウンセリング